夕暮ログ

C#やJavascript、最近はAndroidなんかも好きなtinqのブログ。「夕暮れログ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Visual C++で純粋なC言語としてコンパイルする方法

VisualStudioではC++の開発が行えます。しかし、C++とC言語は微妙にちがいます。
たとえば、型変換や、intの省略などで違いが出てきます。C++はC言語よりも安全性と正確性を高めるための工夫がされています。

なのでC言語用に作られたプログラムをコンパイルしようとすると、その違いのせいでコンパイルエラーになることがしばしばあります。

では純粋なC言語としてコンパイルすることは出来ないのか?いえ、実は簡単に出来ます。
意外と知らない人がいるようなのでまとめておきます。

2通りのやり方があるようです。
2008の無料版で説明しますが、他のバージョンでも大して変わらないはずです。

[やり方1]拡張子を変える


ソリューションエクスプローラから拡張子を変更します。もともとは「cpp」となっています。cppはC++のことです。
それをcに変えると自動でC言語としてコンパイルできるはずです。
拡張子を変える
もちろん、ファイルを作成するときに.cで作ってもかまいません。

[やり方2]設定を変える


たくさんのファイルを変えるのが面倒な場合など。
設定1つで切り替えることが出来ます。
「プロジェクト」=>「(プロジェクト名)のプロパティ」をおして、プロパティダイアログを表示します。
VisualStudioの設定

そのダイアログのツリービューの中の、「構成プロパティ」=>「C/C++」=>「詳細」を選択します。
右側のエリアに「コンパイル言語の選択]という項目があります。選択すると下に説明文が出ます。
その右側が[C++ コードとしてコンパイル (/TP)]や[既定値]になっていると思います。そしたらそれをドロップダウンさせ[C コードとしてコンパイル (/TC)]に変更してください。
VisualStudioの設定
これで[OK]を押せばこのプロジェクトはC言語としてコンパイルされます。
関連記事

コメント

ここをクリックしてコメントを投稿

非公開コメント

トラックバック

http://tinqwill.blog59.fc2.com/tb.php/68-74c82f46

« next  ホーム  prev »

プロフィール

tinq tinq(もしくはTinqWill)

Sky  For   Every 改装予定

プログラミングお勉強中の高校生。月一くらいは更新したい

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

最新トラックバック

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。