夕暮ログ

C#やJavascript、最近はAndroidなんかも好きなtinqのブログ。「夕暮れログ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学生はVisualStudioやExpressionが無料!!DreamSparkを利用してみた。



夏休みになって最近はまたWPFを触っています。MVVMやコマンドパターンのはじめのはじめからの勉強です。
しかし、やっぱりVisualStudioの支援がしょぼい(きがする)ので悪戦苦闘しています。(技術不足などは棚の上に)
たとえばデザイナで配置すると自動でMargin設定してくれたりしますが、Gridいっぱいに広げたいんですが・・・
単に使いこなせていない気もしますが、Blendなるものがあればもっとデザインが簡単にできるという噂です。
(デザインのセンスがない私なので無駄なあがきかもしれませんが)

しかし、VisualStudioと違い無料のExpressなどは提供されていません。

そして、やはりちょっとお高め。

学生版やすっ!!!
1万円ちょいなら変えないことはないなーと思うのですが、時間がとれなくてあまり使えなかったらもったいないですし、私はデザイナーではないのでそこまで利用価値があるかどうかさえわかりません。

などと思っていたらDreamSparkにExpressionが含まれていることが判明しました。
DreamSparkはMicrosoftが提供しているプログラムで、高校生以上が無料でVisualStudio ProfessionalWindows Serverなどを利用することができます。
こちらに一覧があります。
DreamSpark 提供製品一覧
前からDreamSparkは知っていましたが、めんどくさいからVisualStudioのExpressだけつかえればいーやと思って放置していました。
しかし、条件付きブレークポイントやインストーラでの発行、Win32のデザイナなどなどがProfessional以上ではあるという話で、結構魅力的です。
さらにマクロや拡張機能もつかるので、NuGetとかGitやらもいじってみたいなーと思っていたので、この機会に応募してみました。
DreamSparkを使うにはまず学生であることを認証してもらう必要があります。
DreamSparkの「対象学生・認証方法」に対応している学生とその認証方法一覧があります。
私は高校生ですので、「DreamSpark 生徒版「学生」申込み」から行きます。

・・・わたしがいままでに見たサイトの中でもかなりシンプルです。10年前のブラウザでも完璧に表示できそうな感じ。CSSさえ1行もありません・・・
ソースを見たら案の定
<META name="GENERATOR" content="IBM WebSphere Studio Homepage Builder Version 9.0.0.0 for Windows" />
Ver9は2004年に発売。歴史を感じますね。うん。

さて、ここに名前とメールアドレスを入れて送信します。


そうしたら返事が来るまで数週間待ちます。無料なのでそれぐらいは余裕です。


私の場合、10日ほどで認証コードが書かれたメールが届きました。

メールに認証用のURLが添付されています。

認証コードを入力する前にDreamSparkのIDを作成しておく必要があるようです。
DreamSparkのサイトを開き、サインインからアカウントを作成します。
まだ認証情報は入力しなくて大丈夫です。登録が完了したら続いて認証することになりますが、それは一度閉じてしまいます。
そして、メールにある「認証コード」を開きます。
すでに認証コードが入力された状態でページが表示されるのでそのままボタンを押せば認証は完了します。
ところどころ英語ですが、それぐらいは勢いで。



これで、登録は完了です。
Microsoftの製品を自由にダウンロードできるようになりました!
ダウンロードはDreamSpark ダウンロード方法にあるように「セキュア ダウンロード マネージャ(SDM)」なるソフトをインストールする必要があります。
どっかの広告にありそうななんか胡散臭い名前な気がしますが、気のせいでしょう。
SDMインストール後にはDreamSparkのサイトからほしいソフトのダウンロードようのファイルを入手します。
その際に注意していただきたいのですが、必ずここで日本語を選んでください。

最初がEnglishになっていたりすると思いますが、そのままやるとやっぱり英語版になります。
英語が得意な人なら知りませんが、やはり日本語版を使いたいものです・・・
ちなみに、私はExpressionを英語版でダウンロードしてしまい、日本語版をいちいち再インストールする羽目になりました・・・

日本語を選んだら、Downloadを押します。
このページのDownload.SDXってやつが必要なファイルです。

ダウンロードが完了するとSDMが自動で起動してダウンロードが始められます。
うまく開かない場合、ダウンロードしたSDXファイルをダブルクリックしてみてください。

どのソフトも高機能な分ファイルサイズがかなり大きいのでダウンロードには1時間程度かかる場合もあります。
気長に待ちましょう。

ダウンロードしたファイルはISO形式です。
DVDに焼いてもいいのですが、わざわざそんなことをする必要はなく、ISOの仮想化ソフトを使いましょう。私
は「MagicDisk (リンクは窓の杜の紹介ページ)」を使いました。

インストールにもまた時間がかかるので余裕のある時にやりましょう。


これでVisual StudioもExpressionも無料で完全版が入手できました!!!!
どんどんDreamがSparkしそうです!!!!

今申請しておけば、8/15(DreamSparkでDL可能になるのがこの日かはわかりませんが)のVisualStudio2012にも間に合うかもしれませんので、おはやめに。

ちなみに、WPFについては技術がないだけということがはっきりしましたのでもっとお勉強します・・・



・・・ところで、名前とメールアドレスだけで登録できてしまったような気がします。
それとも、私の知らない仕組みで調査されているのでしょうか・・・
まぁ、あまり深くは考えないこととしておきましょう・・・
関連記事

コメント

ここをクリックしてコメントを投稿

非公開コメント

トラックバック

http://tinqwill.blog59.fc2.com/tb.php/88-3d787e05

« next  ホーム  prev »

プロフィール

tinq tinq(もしくはTinqWill)

Sky  For   Every 改装予定

プログラミングお勉強中の高校生。月一くらいは更新したい

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

最新トラックバック

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。