夕暮ログ

C#やJavascript、最近はAndroidなんかも好きなtinqのブログ。「夕暮れログ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DreamSparkでもVisualStudio2012とWinServer2012がダウンロード可能になってた



いつからかはわかりませんが、DreamSparkでもVisalStudio2012 ProfessionalとExpress、Windows Server 2012がダウンロード可能となっていました。
私は面倒なので必要になった時にダウンロードすることにしますが、最新の開発環境をタダで使えます。
無料なのに結構速いタイミングで追加していただいて、ありがたいですね!

VisualStudio2012の変更点はMSDNのページにまとまっています。
Visual Studio 2012 の新機能

XAMLやらWPFやらもしっかり勉強しないとなぁ・・・

VisualStudioの3種類の改行


少し前に気づいたんですが、VisualStudioには改行の方法が3種類あります。

[Enter]

いつも通り、普通の改行です。([Shift]+[Enter]も同じ)


[Ctrl]+[Enter]

カーソルの上に空白行を挿入します。


[Shift]+[Ctrl]+[Enter]

カーソルの下に空白行を挿入します。



非常に地味ですが、意外と便利です。
Vimとかだとこういうのを探しますが、意外とVisualStudioだと探さないものです。
高度な開発環境なだけあって、思っているより結構いろいろな機能があります。

また、日頃よく使う機能にはショートカットが割り当てられているものが多いです。
標準のショートカットキーの一覧はMSDNに乗っています。
定義済みショートカット キー - MSDN
もちろん、カスタマイズで変更することも可能です。
いうまでもなく、すべてを暗記することは人間業ではありませんが、コメント化やエラー一覧の表示などなど、よく使う機能をできるだけキーボードから手を離さなくてよくすることで地味に効率化を図れると思います。

せっかくなのでぜひとも高機能なIDEを使いこなしたいものです

学生はVisualStudioやExpressionが無料!!DreamSparkを利用してみた。



夏休みになって最近はまたWPFを触っています。MVVMやコマンドパターンのはじめのはじめからの勉強です。
しかし、やっぱりVisualStudioの支援がしょぼい(きがする)ので悪戦苦闘しています。(技術不足などは棚の上に)
たとえばデザイナで配置すると自動でMargin設定してくれたりしますが、Gridいっぱいに広げたいんですが・・・
単に使いこなせていない気もしますが、Blendなるものがあればもっとデザインが簡単にできるという噂です。
(デザインのセンスがない私なので無駄なあがきかもしれませんが)

しかし、VisualStudioと違い無料のExpressなどは提供されていません。

そして、やはりちょっとお高め。

学生版やすっ!!!
1万円ちょいなら変えないことはないなーと思うのですが、時間がとれなくてあまり使えなかったらもったいないですし、私はデザイナーではないのでそこまで利用価値があるかどうかさえわかりません。

などと思っていたらDreamSparkにExpressionが含まれていることが判明しました。
DreamSparkはMicrosoftが提供しているプログラムで、高校生以上が無料でVisualStudio ProfessionalWindows Serverなどを利用することができます。
こちらに一覧があります。
DreamSpark 提供製品一覧
前からDreamSparkは知っていましたが、めんどくさいからVisualStudioのExpressだけつかえればいーやと思って放置していました。
しかし、条件付きブレークポイントやインストーラでの発行、Win32のデザイナなどなどがProfessional以上ではあるという話で、結構魅力的です。
さらにマクロや拡張機能もつかるので、NuGetとかGitやらもいじってみたいなーと思っていたので、この機会に応募してみました。

続きを読む »

プログラムで自動処理をする時にファイル名に使えない文字ではまった

現在、とある処理を自動化しようとrubyを組んでいます。
その最中にファイルをダウンロードしてきて保存する箇所があるのですが、なぜかうまく保存されない。

スペースやファイル名が長すぎるのが原因かと思っていろいろやってみましたが、よくよく見たらファイル名に使えない文字のおかげでした。

そういえば、*とか:とか使えないことをすっかり忘れていました・・・。
普通ならファイルを作成できなくて例外を吐くはずなのですが、その時含まれていた文字が「:」だったので例外が出ませんでした。
多分、代替データストリームあたりに必死に書き込んでいたのではないかと思います。
(そのあと代替データストリームを開こうとしましたが開けず。結局どこに書き込んでいたんだろう)

使えない文字はこのページの下のほうにあるように(FATではなくNTFSです)
FAT、HPFS、NTFS ファイル システムについて - Microsoft

? " / \ < > * | :
です。
ということで、これが含まれていたらはじくなり置き換えるなりの処理が必要です。

雑ですが、こんな感じでしょうか。
file = text.gsub!(/[?"\\\<>*|]/,"_")


意外と気が使いないものなので注意しましょう・・・

Windows7とC#でコモンダイアログを簡単に拡張する

ソフトなどを作っていると、ファイルを開くダイアログや保存ダイアログに独自の機能をくっつけたくなる場合がよくあります。
身近なところではメモ帳あたりです。

文字コードが選択できるようになっています。

しかし、同じことをC#でやろうとするとかなりの苦労を強いられます。
標準の機能は基本的に助けてくれないので、ほぼすべてをAPIを叩いて行うことになります。
その際にはフックやらダイアログテンプレートやらC#ではなかなかなじめない方々がずらっと揃い、C/C++でだいぶWinAPIに慣れている人でないと完成にはいたらないでしょう。
(かくいう私もWinAPI、とくにShellやダイアログの方面にはうといのでたぶん作れません。勉強したい。)

そこで使えるのがWindows API CodePackです。
これはWindows7のタスクバー、ジャンプリスト、その他もろもろをC#やVB.NETから操作できるようにするためのライブラリです。
マイクロソフトが無料で配っています。

残念ながらWindows7以降のみ対応ということになっています。XPの買い替えが進むことを期待したいですが、XPではどうにか代替機能を考えておきましょう・・・

続きを読む »

« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

tinq tinq(もしくはTinqWill)

Sky  For   Every 改装予定

プログラミングお勉強中の高校生。月一くらいは更新したい

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

リンク

最新トラックバック

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。